FXで一攫千金。-サカグチのスイングトレードFX-

 
 
現在注目の証券会社
外為どっとコム
他業者に比べて群を抜いたツールの豊富さ。随時送られてくる市況メールの内容も充実。入金なしでも全てのツールが使用できるのが○。 サーバーの強さは業界でもトップクラス。指標時でも落ちることがほとんどなく、快適に取引可能。 1000通貨からの取引が可能(NEXT口座)。低資金での運用も楽々♪
 

マネーパートナーズ
手数料はもちろん完全無料。スプレッドがUSD/JPYで3pips~と低め。その他、ZAR/JPYも4pips~と、長期スワップ派にも取引しやすくなっている。 独自ツールソフト「ハイパースピード」。ツール上から直接ワンクリックでストリーミング取引が可能。使い勝手が非常に◎☆ 信託保全はバッチリ。万が一マネパ社が破綻した場合も、資産管理人となっている社外弁護士からお客様の資産を返還。毎日分別保管をしているので、万が一の時も安心です。


セントラル短資オンライントレード
業界内でも有数の、スワップ派御用達業者。スワップ金利はトップクラス! 12月より手数料無料の新サービス、FXハイパーを開始。まさに無敵の業者です! ホームページ上で市場の注目ポイントを動画解説。リアルタイムチャートと照らし併せて観ることも可能。


FX Online Japan
最もメジャーだと言えるかもしれない手数料無料業者。 5万円からスタート可能、最大レバレッジは200倍。 無料で参加できるデモ取引で、まずは最上の使い心地を実感して下さい。


CMC Markets Japan
世界中で利用されている、超ハイスペックの取引ソフトウェア。携帯電話にも対応し、出先でもポジション、注文を管理することができます。世界レベルを体感してください。 特筆すべきスプレッドの狭さ。EUR/USD、EUR/GBPなどは2pips。AUD/JPYは4pipsと、業界でも最高レベルの狭さ。短期取引にはもってこい。 オーストラリアでは業界ナンバーワンの株式差額決済取引(CFD)取扱業者。信頼度もお墨付き。他国のことなので解りづらい部分は、まずは無料の資料請求!


ひろぎんウツミ屋証券
50,000円から取引できる、くりっく365取扱業者。
税制上も有利で、比較的低いスプレッドでの取引が体験できます。
利益が大きく出始めてきているトレーダーの方は、早めにくりっく365に切替することをオススメします!


MJ「SpotBoard」
取引手数料無料、USD/JPYスプ1~、最大レバ400倍、入出金無料、とまさにいいとこづくしの最強業者。
少額資金で一気に資産を増やしたい人には超お勧め!
スポンサードリンク

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

日経平均は一時、前週末3%以上の下げ。 

午後5時過ぎのドル/円は、前週末ニューヨーク市場の午後5時時点から円高が進み110円前半で取引されている。日経平均株価が一時、前週末比3%を超える下げとなるなどアジア株が軒並み安となる中、前週末海外市場のドル安/円高の流れを引き継ぎ、ドルは一時109.85円まで下落。昨年5月以来、1年半ぶりの円高水準を更新した。

9日東京市場からきょうの東京市場にかけて、ドル/円は112円後半から109円後半まで3円近い円高が進んだ。サブプライムモーゲージ(信用度の低い借り手向け住宅融資)問題をきっかけにドルが全面安となる中でも、ドル/円はこれまで「積極的に円を買う理由がなかった」(都銀)ことや、国内勢の海外投資に伴う円売り圧力などに下げ渋ってきたが、9日に欧米大手金融機関の損失計上が相次ぎ、米株が大幅安となったことから「ドル安の中で出遅れていた(円などの)通貨がドル売りに追いついてきた」(みずほコーポレート銀行、国際為替部為替営業第一チーム参事役の兼平修一氏)という。

ドル売りが強まる一方、株価の下落で投資家のリスク回避姿勢が強まり、円キャリートレードの解消圧力が強まるとの見方も円買いを支えた。海外勢の円買いに英ポンド/円は9日東京の237円後半から12日東京の228円後半まで9円程度、ユーロ/円は同165円半ばから160.71円まで5円程度、豪ドル/円は104円前半から98円前半まで6円程度の大幅な円高が進んだ。

町村信孝官房長官が12日の記者会見で、円高は輸出企業などにはマイナスの影響が出るとしながらも「基本的には良いことだ。国の価値が上がるということ」と述べたことが、円買いの手掛かりとする声もあった。「円高を容認しているわけではないが、あわてるほどではないとのニュアンス」(邦銀)という。

夕方の取引で、利益確定の円売り戻しにドルは110.30円付近まで反発したが「クロス円は引き続き売り圧力が強い」(別の邦銀)といい、市場では動き始めた円高がしばらく続くとの見方が大勢だ。ドル/円は目先、昨年安値の108.96円を下値めどとする声が多い。BNPパリバ銀行東京支店外国為替部長、好川弘一氏は「108.50円付近を下値めどとみているが、それを割り込めば105円付近まで下落すると想定する」と話している。




今日は、記事をもう一件。



ドル安地合いの中でも下げ渋っていたドル/円の下げが加速してきた。サブプライムモーゲージ(信用度の低い借り手向け住宅融資)問題の悪化によるドル不安が一段と強まってきたことに加え、世界的な株安で投資家がリスク回避姿勢を強め、円キャリートレードが解消されるとの見方がさらに広がってきたためだ。円自体には買い材料が乏しいため大幅な円高が急速に進むとの声は少ないものの、ドル売りが長期化すれば105円付近まで円高が進む可能性があるとの指摘も出始めた

<ドル売りが対円に本格波及、サブプライム問題の広がりを懸念>

これまでドル/円はドル安地合いの下でも、低金利で株価の上昇も鈍い円に「買い手掛かりがない」(都銀)ことや、国内勢の海外投資に伴う円売り圧力などで下げ渋っていた。しかし、ドルが対ユーロで1999年のユーロ導入来安値を、対英ポンドで26年ぶりの安値に下落するなどドル売り地合いが強まる中、114円付近で下げ渋っていたドル/円が、いよいよ下げ足を早めてきた。

きっかけとなったのは、サブプライム問題の一段の悪化見通しだ。9日海外では、バンク・オブ・アメリカやJPモルガン・チェース、米銀大手のワコビア、クレジットカード大手の米キャピタル・ワン・フィナンシャルなど欧米の大手金融機関が相次ぎサブプライム問題による損失計上や損失見通しを発表。「米株の下げが勢いづき、ドル安の中で出遅れていた(円などの)通貨がドル売りに追いついてきた」(みずほコーポレート銀行、国際為替部為替営業第一チーム参事役の兼平修一氏)という。

ロイター/ミシガン大学が9日に発表した11月米消費者信頼感指数が75.0と事前予想80.0を下回り、2年ぶり低水準となったことが、急速な米株の下落や円買いにつながったとする見方もあった。「大手金融機関が不振に陥り、米景気をけん引してきたハイテクセクターが伸び悩んでも消費が下支えしているという、これまでのイメージを覆すものだった」(別の都銀)ためだ。

<リスク回避の円買い活発、官房長官発言も後押し>

ドル安の中で出遅れていた円が上昇し始めたもうひとつの要因は、リスク回避の側面だ。最近の外為市場で株安は、投資家がリスク回避姿勢を強め、円キャリートレードの解消につながるとして、円買い要因とされている。「株価の下げと円買いに明確なつながりはない」(みずほコーポ銀の兼平氏)ものの、複数の市場関係者によると「そういうものだとの見方が根強い限り、反論しても仕方がない。株価が下落すると円相場を買い上がる取引システムを組んでいる海外のヘッジファンドも少なくない」という。

日経平均株価が3%を超える下げとなるなど、アジア株が軒並み安となった12日の取引で、ドル/円はさらに下げ幅を拡大。一時109.85円と昨年5月以来、1年半ぶりの円高水準をつけた。クロス円でも円高は急速で、英ポンド/円は9日東京の237円後半から12日東京の229円後半まで8円程度、ユーロ/円は同165円半ばから161.67円まで、豪ドル/円は104円前半から99円後半までともに4円超の大幅な円高が進んだ。

町村信孝官房長官の発言も話題となった。12日の会見で円高は「国の価値が上がるということ」としたことで、市場では「円高容認とも受け取れる」(都銀)との見方が広がった。さらに「政府として為替水準を維持するようなことはしない」と述べたことで「為替水準をめぐる意見は複数あっていいが、オペレーション(介入)でサポートしないと断言するのはいかがなものか」(外銀)と、投機筋の円買い仕掛けを誘発する可能性があるとの声も出ている。

<ドル/円は緩やかにレンジ切り下げか、米資本流入懸念でドル一段安も>

外為市場の複数のディーラーは12日午前の取引について、こう声をそろえる。「値動きは円買いだが、積極的に円が買われているのではない。あくまでも、これまで膨らんできた円キャリートレードという円売りポジションの解消に伴う、円の買い戻しと見るべきだ」――。

日本は0.5%という先進国で最も低い金利水準が長期化する見通しが依然としてぬぐえず、成長率も他の主要国と比べて目立たない。ドル安がどれだけ強まっても、第2の基軸通貨として存在感を増しているユーロや、金利水準の高い英ポンド、豪ドルなどのように、円には積極的な買い手掛かりがないのが実情だ。

そのため、1年半ぶりの円高水準からさらに100円を割るような大幅な円高が急速に進むとの見方は多くない。市場関係者が指摘する目先の下値めどは昨年安値の108.97円。BNPパリバ銀行東京支店外国為替部長、好川弘一氏は「108.50円付近を下値めどとみているが、それを割り込めば105円付近まで下落する」とするが、ユーロなど他通貨のように数十年来のドル安水準まで円高が一気に進むとのまだ見方は少ない。前出のみずほコーポ銀・兼平氏は「大きなドル売りの流れは継続しており、もみ合いながらレンジを切り下げていく」と見る。

一方、米株の下げを手掛かりとするドル安見通しはさらに強まっている。大手金融機関の相次ぐ損失計上・損失見通しは「サブプライム問題がクレジットクランチ、キャピタルクランチという二幕に続き、キャピタルロスという第3章に入ってきた」(後出の都銀)と、問題の広がりとともに、ドル安に拍車がかかる可能性を指摘する声が増えている。このままドル安が続き、米国への資金流入が細れば「米経常赤字のファイナンス問題に対する懸念が高まってくる」(別の外銀)展開を予想する声も出ている。


(ロイターより記事を引用)



NZドルでスワップ生活をしている大ちゃんはこの円高で?
人気blogランキング98位前後をチェック




さてさて。

サカグチは、今回は思うように両建てがうまくいきません。

思ったよりも損失が大きくなったので、
買いポジションの一部を思い切って損切り。
ロングの建玉量を少し軽くしました。

まだやばいというラインまでは行きませんが、今回はかなりギリギリです。
しかも、上記のように、それなりに底は見えて来つつあるものの、思っているよりも根は深そう。

ドル円の底がもし105円程度だとすれば、豪ドル円は90円台前半までは充分に考えられるでしょう。

そうなると、なかなか長期戦になりそうです。
それも考え、ポジションを軽くしました。

あとは、如何に上手く波に乗りきれるか。
底の見極めが、最重要ポイントです。

注目ランキング!

人気blogランキング
言わずとしれた最強人気ランキング。
不動の上位陣には、カリスマブロガーたちが名を連ねる。
サカグチも、100位圏内目前!是非、クリック御協力お願い致します。

↓↓↓↓↓記事をご覧になって頂いて有り難うございます。↓↓↓↓↓
↓↓↓1日1クリック、御協力下さい。↓↓↓
できれば、左二つを・・・・・・wwwどのバナーでも結構です(^^)

にほんブログ村 為替ブログへ外為ランキングPop*Log人気fxブログランキング

☆お知らせ☆
ランキングアクセスアップ促進の為の掲示板を新規に開設致しました。
このブログを中心に、掲示板に訪れて頂いたみなさんのブログ訪問や、
ランキング協力などを行っていきたいと思っています。

特になにもなくても、雑談なども書き込んで頂いて結構ですのでw
是非、足跡を残していってください。

掲示板はコチラ
スポンサーサイト
コメント















 管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
 
http://fxsakaguchi.blog109.fc2.com/tb.php/424-797b0c3d
参加ランキング
人気ブログランキング
プロフィール
サカグチ(27)
アバター

サカグチ

2006年9月からFXを始めています!
取引歴は2年超。
基本スタイルは1日~3日程度の短期スイング。
大きく勝負に出られないチキン。
ACCESS


TOTAL

無料カウンター
今日

昨日


為替ニュース


パーツ提供:ALL外為比較

RSSフィード
FXブログリンク集
役立つリンク集
最近のコメント
カテゴリー
携帯からブログを見る
下記のQRコードを携帯で読み取って、 ブログにアクセス!
QRコード
あし@
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。