FXで一攫千金。-サカグチのスイングトレードFX-

 
 
現在注目の証券会社
外為どっとコム
他業者に比べて群を抜いたツールの豊富さ。随時送られてくる市況メールの内容も充実。入金なしでも全てのツールが使用できるのが○。 サーバーの強さは業界でもトップクラス。指標時でも落ちることがほとんどなく、快適に取引可能。 1000通貨からの取引が可能(NEXT口座)。低資金での運用も楽々♪
 

マネーパートナーズ
手数料はもちろん完全無料。スプレッドがUSD/JPYで3pips~と低め。その他、ZAR/JPYも4pips~と、長期スワップ派にも取引しやすくなっている。 独自ツールソフト「ハイパースピード」。ツール上から直接ワンクリックでストリーミング取引が可能。使い勝手が非常に◎☆ 信託保全はバッチリ。万が一マネパ社が破綻した場合も、資産管理人となっている社外弁護士からお客様の資産を返還。毎日分別保管をしているので、万が一の時も安心です。


セントラル短資オンライントレード
業界内でも有数の、スワップ派御用達業者。スワップ金利はトップクラス! 12月より手数料無料の新サービス、FXハイパーを開始。まさに無敵の業者です! ホームページ上で市場の注目ポイントを動画解説。リアルタイムチャートと照らし併せて観ることも可能。


FX Online Japan
最もメジャーだと言えるかもしれない手数料無料業者。 5万円からスタート可能、最大レバレッジは200倍。 無料で参加できるデモ取引で、まずは最上の使い心地を実感して下さい。


CMC Markets Japan
世界中で利用されている、超ハイスペックの取引ソフトウェア。携帯電話にも対応し、出先でもポジション、注文を管理することができます。世界レベルを体感してください。 特筆すべきスプレッドの狭さ。EUR/USD、EUR/GBPなどは2pips。AUD/JPYは4pipsと、業界でも最高レベルの狭さ。短期取引にはもってこい。 オーストラリアでは業界ナンバーワンの株式差額決済取引(CFD)取扱業者。信頼度もお墨付き。他国のことなので解りづらい部分は、まずは無料の資料請求!


ひろぎんウツミ屋証券
50,000円から取引できる、くりっく365取扱業者。
税制上も有利で、比較的低いスプレッドでの取引が体験できます。
利益が大きく出始めてきているトレーダーの方は、早めにくりっく365に切替することをオススメします!


MJ「SpotBoard」
取引手数料無料、USD/JPYスプ1~、最大レバ400倍、入出金無料、とまさにいいとこづくしの最強業者。
少額資金で一気に資産を増やしたい人には超お勧め!
スポンサードリンク

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ユーロはGDP待ち? 

午後3時のドル/円は、前日ニューヨーク市場の午後5時時点とほぼ変わらずの108円前半で取引されている。取引レンジは極めて狭い。朝方一部参加者が107円台を試すドルの売り仕掛けに動いたが失敗に終わり、買い戻しで上昇したものの108.30円以上は輸出のドル売り需要もあり、もみあいとなっている。
 
独コメルツ銀行は第4四半期決算を発表し、同行の業績が米サブプライムローン(信用度の低い借り手への住宅ローン)関連の追加評価損2.48億ユーロの影響を受けたと発表した。
スイスのUBSは第4四半期のサブプライム関連ポジションの損失は137億ドルと発表した。
15時30分時点のユーロ/ドルは1.4575ドル付近。欧州系金融機関の決算発表後、小幅に上昇したが、反応は鈍い。市場参加者はきょう発表される独、仏、ユーロ圏の07年第4四半期のGDPを見極めたいという。
ユーロは朝方、大手米銀の売りで1.4549ドルまで下落したが、複数の欧州銀が買いを入れたことから、1.4560ドル台を回復。トレーダーによれば、1.4535ドル近辺には売りオーダー、1.4610ドルにはシステム系のファンドによる損失確定の買いオーダーが待ち構えており、東京ではレンジ取引となった。

内閣府が発表した10―12月期の日本の実質GDP成長率は前期比年率3.7%増(前期比0.9%増)と事前の予想を大幅に上回った。為替市場はGDPには反応薄だったが「GDP発表以前から107円を試す動きがみられ、米債の償還に伴うドル売り需要もあったが、結局108円を割り込まなかったので、ショート筋が買い戻しに追い込まれた」(都銀)という。
輸出業者が2月末の輸出レートを108円以上で固定するには、108.30円以上で売る必要がある。

「典型的な、だるい一日。唯一のエキサイトメントは、雇用統計を受けて、豪ドルが一瞬、駆け上がったこと」(外銀)との声が市場で聞かれる。

<豪ドルは利上げ期待から上昇後、伸び悩む>

豪ドルは、この日発表となった1月の豪雇用統計が強い内容となり、3月の追加利上げの確率が高まったとの見方が浮上し、早朝につけた0.8963米ドルから0.9028米ドルまで上昇した。ストップロスの買いオーダーをこなしながらの上昇だったという。だが、その後は利食いに押され、伸び悩んでいる。
昨日ニューヨーク市場のレンジは0.8923―0.9015米ドル。
対円では、昨日ニューヨーク市場午後5時の97.05/15円から上昇し97.60―97.70円付近。

市場では「3月の追加利上げを正当化する根拠がまた増えた」(外銀)との見方がある。ただ「利益確定売りも出やすい環境」(証券)であるうえ、「豪州系大手金融機関が、これからもサブプライム関連損失を償却するという思惑は市場から消えたわけではなく、豪ドルのセンチメントに影響している」 (外銀)という。 

1月の豪就業者数は前月比2万6800人増で、市場予想の1万5000人増を上回った。
オーストラリア準備銀行(RBA、中央銀行)は今月5日、インフレ圧力を抑制するため、政策金利であるオフィシャル・キャッシュレートを11年ぶりの7%に引き上げた。豪中銀は昨年、既に2回の利上げを実施している。

オーストラリアの銀行大手コモンウェルス銀行(CBA)が13日発表した2008年度中間決算(07年7―12月)は、利益が前年同期に比べて4%増加した。ただ、資金調達コストの上昇や貸し倒れ引当金の大幅な積み増しが響き、市場予想に届かなかった。CBAは、サブプライムローンへの直接的なエクスポージャーはないとあらためて表明するとともに、モーゲージ担保証券への投資も行っている傘下のヘッジファンドのパーフォーマンスがベンチマークを上回っていることを明らかにした。
「ただし、豪州大手銀のサブプライムがらみの損失懸念はまだ払拭されておらず、オージー(豪ドル)のセンチメントを弱くしている」(都銀)という。  

NZドルは、0.7863/73米ドル付近で、ニューヨーク市場5時の0.7838米ドルから小幅上昇。 NZドル/円は85.30円付近でで朝方の84.99円からじり高となっている。
ニュージーランド準備銀行によると、1月末時点の同国政府債の非居住者保有比率は68.2%で、前月の69.1%から低下した。


(ロイターより記事を引用)



ポンド・・・・・・(´・ω・`)

昨日決済したポンド円ロングの話。

もともと、208.30円で買ったポンド。210円に達したところで、
ストップを209、リミットを213に設定しました。

211円に触れたところで、ストップを209.50に引き上げ。

これが仇となりました(´・ω・`)
さっき、213円を付けました。

それなりに深くストップを設定したつもりですが、
ポンドではもっと深く設定しないとだめみたいですね。

反省。

さて、ポジの取り所が難しくなってきました。
スポンサーサイト
コメント
先程は訪問ありがとうございました。
こちらからも応援しておきますね!

ポンドは値幅大きいので難しいですね~
でも100PIPS以上取れてたら、ストップ上げたくなりますよね。
多分自分も同じような感じだと思います...
losscutlifeさんへ
losscutlifeさん、どうもです♪

そう言ってもらえると少し気が楽になります!
でも、逃した魚は350pips・・・・・・う~ん、惜しい(´・ω・`)














 管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
 
http://fxsakaguchi.blog109.fc2.com/tb.php/627-f020c254
参加ランキング
人気ブログランキング
プロフィール
サカグチ(27)
アバター

サカグチ

2006年9月からFXを始めています!
取引歴は2年超。
基本スタイルは1日~3日程度の短期スイング。
大きく勝負に出られないチキン。
ACCESS


TOTAL

無料カウンター
今日

昨日


為替ニュース


パーツ提供:ALL外為比較

RSSフィード
FXブログリンク集
役立つリンク集
最近のコメント
カテゴリー
携帯からブログを見る
下記のQRコードを携帯で読み取って、 ブログにアクセス!
QRコード
あし@
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。