FXで一攫千金。-サカグチのスイングトレードFX-

 
 
現在注目の証券会社
外為どっとコム
他業者に比べて群を抜いたツールの豊富さ。随時送られてくる市況メールの内容も充実。入金なしでも全てのツールが使用できるのが○。 サーバーの強さは業界でもトップクラス。指標時でも落ちることがほとんどなく、快適に取引可能。 1000通貨からの取引が可能(NEXT口座)。低資金での運用も楽々♪
 

マネーパートナーズ
手数料はもちろん完全無料。スプレッドがUSD/JPYで3pips~と低め。その他、ZAR/JPYも4pips~と、長期スワップ派にも取引しやすくなっている。 独自ツールソフト「ハイパースピード」。ツール上から直接ワンクリックでストリーミング取引が可能。使い勝手が非常に◎☆ 信託保全はバッチリ。万が一マネパ社が破綻した場合も、資産管理人となっている社外弁護士からお客様の資産を返還。毎日分別保管をしているので、万が一の時も安心です。


セントラル短資オンライントレード
業界内でも有数の、スワップ派御用達業者。スワップ金利はトップクラス! 12月より手数料無料の新サービス、FXハイパーを開始。まさに無敵の業者です! ホームページ上で市場の注目ポイントを動画解説。リアルタイムチャートと照らし併せて観ることも可能。


FX Online Japan
最もメジャーだと言えるかもしれない手数料無料業者。 5万円からスタート可能、最大レバレッジは200倍。 無料で参加できるデモ取引で、まずは最上の使い心地を実感して下さい。


CMC Markets Japan
世界中で利用されている、超ハイスペックの取引ソフトウェア。携帯電話にも対応し、出先でもポジション、注文を管理することができます。世界レベルを体感してください。 特筆すべきスプレッドの狭さ。EUR/USD、EUR/GBPなどは2pips。AUD/JPYは4pipsと、業界でも最高レベルの狭さ。短期取引にはもってこい。 オーストラリアでは業界ナンバーワンの株式差額決済取引(CFD)取扱業者。信頼度もお墨付き。他国のことなので解りづらい部分は、まずは無料の資料請求!


ひろぎんウツミ屋証券
50,000円から取引できる、くりっく365取扱業者。
税制上も有利で、比較的低いスプレッドでの取引が体験できます。
利益が大きく出始めてきているトレーダーの方は、早めにくりっく365に切替することをオススメします!


MJ「SpotBoard」
取引手数料無料、USD/JPYスプ1~、最大レバ400倍、入出金無料、とまさにいいとこづくしの最強業者。
少額資金で一気に資産を増やしたい人には超お勧め!
スポンサードリンク

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

豪ドルは、RBA発表後急落、その後反発! 

午後3時現在のドル/円は、前日ニューヨーク市場の午後5時時点とほぼ変わらず、103円前半で取引されている。依然としてドル売りの地合いだが、手掛かり難で午後の値動きは10―20銭程度にとどまった。一方、オーストラリア準備銀行(RBA、中央銀行)が政策金利を引き上げたが、今後の利上げスタンスに打ち止め感が広がり、豪ドルは対米ドル、対円で大きく下落した。ただ、その後は反発している。

ドル/円は午後の取引で、103.30/40円付近でこう着した。日経平均は1万2900円を挟んだ展開で、「外為相場も動きにくい」(証券)との指摘があった。午後から夕方にかけては、足元でドルの底堅い展開も予想されている。ただ、市場では「大きな流れとしては依然ドル売りで、次の材料待ちの状況だ。(日経平均株価をはじめ世界の)株価が大きく下げれば、クロス円を中心とした売りがドル/円に波及する」とみられている。
RBAは4日午後、市場の予想通りオフィシャルキャッシュレート(政策金利)を0.25%ポイント引き上げた。この発表を受け、豪ドルはいったん小幅に上昇したが、その後大きく売られた。豪ドル/ドルは0.9370米ドルから0.9260米ドル付近に、豪ドル/円は97円付近からきょうの安値95.76円に下落した。ただ、その後は対ドル、対円で反発した。
ある国内証券関係者は「オーストラリア統計局がきょう午前に発表した1月小売売上高が予想を下回ったほか、世界経済にも不安定な要素が広がっているため、RBAの利上げにも打ち止め感が出ている」と指摘。一方「これまで利上げ期待で買われてきた分のポジション調整であり、これから大きく売られていく感じではない」との見方も示した。
市場ではRBAが発表した声明については「需要の減速が必要としているが、予想ほどタカ派ではなかった。数少ない利上げ期待通貨として買い人気を集めている分、かなりタカ派な内容にならないと豪ドル買いは続かない」(邦銀)との声も出ていた。外銀関係者は「4月の利上げの可能性は極めて低いが、第1・四半期のインフレ統計の内容次第では5月の利上げは依然としてあり得る」との見方を示している。

一方、ロシア・ルーブルは一時1ドル=23ルーブル台に上昇した。2日投票のロシア大統領選で勝利したメドベージェフ氏(第1副首相)は記者会見で、大統領としての方針は8年にわたるプーチン路線をそのまま継承することだと表明。同氏は2月15日、クラスノヤルスクで経済分野の選挙公約を発表し、「資源輸出企業は自国通貨ルーブル建ての取引を促進し、ルーブルを基軸通貨の1つに押し上げるべきだ」と主張している。商社筋によると「資源外交とプーチン路線継承を表明したことが好感された」と指摘している。4日午前(日本時間)は24ルーブル台に小幅戻した。


(ロイターより記事を引用)



ドル円は今日のところは103円台で落ち着いています。

さてさて。一段落付いた感じですが、問題はこの後どう取引していくか。
売りも一段落していますが、だからと言って買いに回れるほど反発は強くもなさそう。

やはり材料待ち→戻り売りがよさそうなスタンスですかね。
スポンサーサイト
コメント















 管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
 
http://fxsakaguchi.blog109.fc2.com/tb.php/674-a373ac92
参加ランキング
人気ブログランキング
プロフィール
サカグチ(27)
アバター

サカグチ

2006年9月からFXを始めています!
取引歴は2年超。
基本スタイルは1日~3日程度の短期スイング。
大きく勝負に出られないチキン。
ACCESS


TOTAL

無料カウンター
今日

昨日


為替ニュース


パーツ提供:ALL外為比較

RSSフィード
FXブログリンク集
役立つリンク集
最近のコメント
カテゴリー
携帯からブログを見る
下記のQRコードを携帯で読み取って、 ブログにアクセス!
QRコード
あし@
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。