FXで一攫千金。-サカグチのスイングトレードFX-

 
 
現在注目の証券会社
外為どっとコム
他業者に比べて群を抜いたツールの豊富さ。随時送られてくる市況メールの内容も充実。入金なしでも全てのツールが使用できるのが○。 サーバーの強さは業界でもトップクラス。指標時でも落ちることがほとんどなく、快適に取引可能。 1000通貨からの取引が可能(NEXT口座)。低資金での運用も楽々♪
 

マネーパートナーズ
手数料はもちろん完全無料。スプレッドがUSD/JPYで3pips~と低め。その他、ZAR/JPYも4pips~と、長期スワップ派にも取引しやすくなっている。 独自ツールソフト「ハイパースピード」。ツール上から直接ワンクリックでストリーミング取引が可能。使い勝手が非常に◎☆ 信託保全はバッチリ。万が一マネパ社が破綻した場合も、資産管理人となっている社外弁護士からお客様の資産を返還。毎日分別保管をしているので、万が一の時も安心です。


セントラル短資オンライントレード
業界内でも有数の、スワップ派御用達業者。スワップ金利はトップクラス! 12月より手数料無料の新サービス、FXハイパーを開始。まさに無敵の業者です! ホームページ上で市場の注目ポイントを動画解説。リアルタイムチャートと照らし併せて観ることも可能。


FX Online Japan
最もメジャーだと言えるかもしれない手数料無料業者。 5万円からスタート可能、最大レバレッジは200倍。 無料で参加できるデモ取引で、まずは最上の使い心地を実感して下さい。


CMC Markets Japan
世界中で利用されている、超ハイスペックの取引ソフトウェア。携帯電話にも対応し、出先でもポジション、注文を管理することができます。世界レベルを体感してください。 特筆すべきスプレッドの狭さ。EUR/USD、EUR/GBPなどは2pips。AUD/JPYは4pipsと、業界でも最高レベルの狭さ。短期取引にはもってこい。 オーストラリアでは業界ナンバーワンの株式差額決済取引(CFD)取扱業者。信頼度もお墨付き。他国のことなので解りづらい部分は、まずは無料の資料請求!


ひろぎんウツミ屋証券
50,000円から取引できる、くりっく365取扱業者。
税制上も有利で、比較的低いスプレッドでの取引が体験できます。
利益が大きく出始めてきているトレーダーの方は、早めにくりっく365に切替することをオススメします!


MJ「SpotBoard」
取引手数料無料、USD/JPYスプ1~、最大レバ400倍、入出金無料、とまさにいいとこづくしの最強業者。
少額資金で一気に資産を増やしたい人には超お勧め!
スポンサードリンク

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

流動性対策のサプライズは効果薄? 

午後3時過ぎのドル/円は、前日NY市場午後5時時点から下落し、102円台の後半で取引されている。
昨日発表された米欧中銀による新たな流動性供給対策を受け、東京市場はドル堅調地合いで取引が始まったものの、午後には日経平均の伸び悩みや、米国債価格の回復など、流動性供給対策のサプライズ効果のはく落とも言える金融証券市場の反応に歩調を合わせる形で、対ユーロ、対円、対スイスフランなど広範な通貨に対し、ドルがじり安の展開となった。

流動性供給対策のサプライズ効果で、株ショート、米債ロングというポジションが、昨日一掃された感がある。たが、米債は早くも回復軌道に載っているところを見ると、対策のドル下支え効果も長続きしないかもしれない」(米銀)という。

ドル/円は、前日海外市場で103.60円まで上昇した流れを受け継いで、103円台前半で東京市場の取引が始まった。 だが、午後に入り、国内勢の売りや短期筋の利益確定売りに押され102.83円まで下落した。 
ユーロ/ドルは1.5370/75ドル付近でじり高。前日の海外市場では1.5282ドルまで売り込まれたが、東京市場ではユーロが徐々に値を戻した。
ドル/スイスフランは1.0290/95フラン付近。午前の取引では1.0300台でほぼ推移していたが、午後に入り1.0283フランまでスイスフラン高となった。
英ポンドは2.0138/40ドル付近。前日海外市場で1.9995ドルまで下落したが、東京市場では値を戻した。

昨日の欧米流動性供給対策発表後に大幅に下落した米国債は、東京時間の取引で上昇している。10年物米国債は99―14/32の買い気配で利回りは3.5676%で、昨日ニューヨークの引けレベル99―03/32(利回り3.6092%)から価格が上昇した。
米債の価格上昇は、投資家のリスク回避志向が継続していることの証であると同時に、「流動性対策では景気下支え効果がない」(外銀)との市場の見方の反映でもある。

<流動性供給対策>

エコノミストは米欧流動性供給対策の効果を認めているものの、これが弱いドルの地合いを転換するきっかけになると見る向きは少ない。

先週発表された入札型ターム物貸出(TAF)を1000億ドルまで増やすことに加え、今回のターム物レポオペや、欧州中銀やスイス中銀のスワップ協定の上限引き上げを加えれば、全体で4360億ドルと空前の規模での資金供給となり、いわゆる「信用市場のメルトダウン」は回避できると多くのエコノミストは見る。

「内容は市場が評価できるもので、短期的にはドルに対してポジティブといえる。だが、市場のスタンスは、ドルを売るのをいったん休止する程度で、積極的にドルを買う雰囲気にはなっていない」と、みずほ総合研究所・経済調査部・シニアエコノミストの吉田健一郎氏は言う。
市場は金融機関の信用問題が実体経済に悪影響を及ぼしていることに注目しており、米住宅市場が底を打ったと市場参加者が認識するまでは、ドル安のセンチメントは変わらないだろう、と吉田氏は言う。
東短リサーチ・チーフエコノミストの加藤出氏は「趣旨としてはマージンコール・スパイラルを和らげるもので、ある程度の時間稼ぎはできると思われる。ただし、対症療法に過ぎず、根本治療ではないため、クレジット・プレミアムの縮小にはつながりにくいだろう」と見る。


(ロイターより記事を引用)



昨日は一時的に大幅上昇したものの、
思っていたより継続的な効果はないのかもしれません。

タガがはずれた一気の下落には要注意。
スポンサーサイト
コメント















 管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
 
http://fxsakaguchi.blog109.fc2.com/tb.php/699-d0f5b873
参加ランキング
人気ブログランキング
プロフィール
サカグチ(27)
アバター

サカグチ

2006年9月からFXを始めています!
取引歴は2年超。
基本スタイルは1日~3日程度の短期スイング。
大きく勝負に出られないチキン。
ACCESS


TOTAL

無料カウンター
今日

昨日


為替ニュース


パーツ提供:ALL外為比較

RSSフィード
FXブログリンク集
役立つリンク集
最近のコメント
カテゴリー
携帯からブログを見る
下記のQRコードを携帯で読み取って、 ブログにアクセス!
QRコード
あし@
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。