FXで一攫千金。-サカグチのスイングトレードFX-

 
 
現在注目の証券会社
外為どっとコム
他業者に比べて群を抜いたツールの豊富さ。随時送られてくる市況メールの内容も充実。入金なしでも全てのツールが使用できるのが○。 サーバーの強さは業界でもトップクラス。指標時でも落ちることがほとんどなく、快適に取引可能。 1000通貨からの取引が可能(NEXT口座)。低資金での運用も楽々♪
 

マネーパートナーズ
手数料はもちろん完全無料。スプレッドがUSD/JPYで3pips~と低め。その他、ZAR/JPYも4pips~と、長期スワップ派にも取引しやすくなっている。 独自ツールソフト「ハイパースピード」。ツール上から直接ワンクリックでストリーミング取引が可能。使い勝手が非常に◎☆ 信託保全はバッチリ。万が一マネパ社が破綻した場合も、資産管理人となっている社外弁護士からお客様の資産を返還。毎日分別保管をしているので、万が一の時も安心です。


セントラル短資オンライントレード
業界内でも有数の、スワップ派御用達業者。スワップ金利はトップクラス! 12月より手数料無料の新サービス、FXハイパーを開始。まさに無敵の業者です! ホームページ上で市場の注目ポイントを動画解説。リアルタイムチャートと照らし併せて観ることも可能。


FX Online Japan
最もメジャーだと言えるかもしれない手数料無料業者。 5万円からスタート可能、最大レバレッジは200倍。 無料で参加できるデモ取引で、まずは最上の使い心地を実感して下さい。


CMC Markets Japan
世界中で利用されている、超ハイスペックの取引ソフトウェア。携帯電話にも対応し、出先でもポジション、注文を管理することができます。世界レベルを体感してください。 特筆すべきスプレッドの狭さ。EUR/USD、EUR/GBPなどは2pips。AUD/JPYは4pipsと、業界でも最高レベルの狭さ。短期取引にはもってこい。 オーストラリアでは業界ナンバーワンの株式差額決済取引(CFD)取扱業者。信頼度もお墨付き。他国のことなので解りづらい部分は、まずは無料の資料請求!


ひろぎんウツミ屋証券
50,000円から取引できる、くりっく365取扱業者。
税制上も有利で、比較的低いスプレッドでの取引が体験できます。
利益が大きく出始めてきているトレーダーの方は、早めにくりっく365に切替することをオススメします!


MJ「SpotBoard」
取引手数料無料、USD/JPYスプ1~、最大レバ400倍、入出金無料、とまさにいいとこづくしの最強業者。
少額資金で一気に資産を増やしたい人には超お勧め!
スポンサードリンク

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

再びドルが売られやすい地合! 

午後3時のドル/円は、前週末ニューヨーク市場の午後5時時点とほぼ変わらず、101円挟みで取引されている。週末にワシントンで開催された7カ国財務相・中央銀行総裁会議(G7)で為替相場の急激な変動に懸念が示されたものの、具体的にどのように対応していくのか姿勢が読み取れないなどとの見方が強まっている。また、日経平均株価が400円超下げていることに反応し、リスク許容度の低下からドル/円、クロス円での売りもみられる。ただ、夕方にかけては、要人発言を受けユーロが買われている。

午後に入って、ユーロ/円は一時158.25円に下げた。日経平均が400円超下げているのに反応し、本邦証券や輸出、朝方買いを入れていた米系金融機関によるクロス円売りが膨らんだと見られている。G7で為替に関する文言が変化したことについて、「文言だけで内容は変わっていない」(証券)という批判的な見方が強まり、午前中の取引をこなしたタイミングでクロス円売りの動きに傾いたと指摘もあった

午後の取引で、ドル/円は101円付近で推移した。株安でリスク許容度が低下し、クロス円の下落がドル/円に波及した。米系ファンドや米系投資銀行などのドル売りが100.90円付近から見られるという。アジア系投資家がユーロ売り/円買いの損失確定のオペレーションを行ったほか、新規のユーロ売り/円買いも出たもよう。

ただ、夕方にかけては、ユーロ/ドルがきょうの高値圏1.57ドル後半に上昇した。欧州中央銀行(ECB)理事会メンバーであるルクセンブルグ中銀のメルシュ総裁は、ユーロ圏のインフレ率は上方修正される可能性があり、今年利下げの見込みはない、と述べたことが話題となったという。
メルシュ総裁は、ブルームバーグが14日に掲載したインタビューの中で、国際通貨基金(IMF)がECBは利下げの余地があるとしたことについて聞かれ、「今年に限って言えば、そういった可能性はまったくない」と答えた。ユーロ/円も連れ高となり、午前中の水準に戻している。

総体的に見ると、G7後はドル売りの流れに戻りつつある。通貨オプション市場のドル/円の予想変動率(インプライド・ボラティリティ)は、1カ月物のボラティリティが15.4%付近に上昇した。今週発表される米大手金融機関の第1四半期決算を控えて、米株安・ドル安警戒感が高まっていることが背景。

今週は、米大手貯蓄金融機関のワシントン・ミューチュアル、JPモルガン・チェース、メリルリンチ、シティグループなど、大手金融機関の第1四半期決算発表が目白押しとなっている。市場では「先週末もGEの決算で株価とドルが売られる場面があり、市場のドル安警戒感は依然強い」(証券会社)、「ドルに向かい風が吹いており、上値を目指しにくい地合い」(邦銀)と指摘されている。


(ロイターより記事を引用)



クロス円、再び全体的に売り地合です。
100円を大きく割り込むような極端な相場にはならないと考えますが。
油断は禁物。指標・発言などに注目です。
スポンサーサイト
コメント















 管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
 
http://fxsakaguchi.blog109.fc2.com/tb.php/780-3c6d9cc6
参加ランキング
人気ブログランキング
プロフィール
サカグチ(27)
アバター

サカグチ

2006年9月からFXを始めています!
取引歴は2年超。
基本スタイルは1日~3日程度の短期スイング。
大きく勝負に出られないチキン。
ACCESS


TOTAL

無料カウンター
今日

昨日


為替ニュース


パーツ提供:ALL外為比較

RSSフィード
FXブログリンク集
役立つリンク集
最近のコメント
カテゴリー
携帯からブログを見る
下記のQRコードを携帯で読み取って、 ブログにアクセス!
QRコード
あし@
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。