FXで一攫千金。-サカグチのスイングトレードFX-

 
 
現在注目の証券会社
外為どっとコム
他業者に比べて群を抜いたツールの豊富さ。随時送られてくる市況メールの内容も充実。入金なしでも全てのツールが使用できるのが○。 サーバーの強さは業界でもトップクラス。指標時でも落ちることがほとんどなく、快適に取引可能。 1000通貨からの取引が可能(NEXT口座)。低資金での運用も楽々♪
 

マネーパートナーズ
手数料はもちろん完全無料。スプレッドがUSD/JPYで3pips~と低め。その他、ZAR/JPYも4pips~と、長期スワップ派にも取引しやすくなっている。 独自ツールソフト「ハイパースピード」。ツール上から直接ワンクリックでストリーミング取引が可能。使い勝手が非常に◎☆ 信託保全はバッチリ。万が一マネパ社が破綻した場合も、資産管理人となっている社外弁護士からお客様の資産を返還。毎日分別保管をしているので、万が一の時も安心です。


セントラル短資オンライントレード
業界内でも有数の、スワップ派御用達業者。スワップ金利はトップクラス! 12月より手数料無料の新サービス、FXハイパーを開始。まさに無敵の業者です! ホームページ上で市場の注目ポイントを動画解説。リアルタイムチャートと照らし併せて観ることも可能。


FX Online Japan
最もメジャーだと言えるかもしれない手数料無料業者。 5万円からスタート可能、最大レバレッジは200倍。 無料で参加できるデモ取引で、まずは最上の使い心地を実感して下さい。


CMC Markets Japan
世界中で利用されている、超ハイスペックの取引ソフトウェア。携帯電話にも対応し、出先でもポジション、注文を管理することができます。世界レベルを体感してください。 特筆すべきスプレッドの狭さ。EUR/USD、EUR/GBPなどは2pips。AUD/JPYは4pipsと、業界でも最高レベルの狭さ。短期取引にはもってこい。 オーストラリアでは業界ナンバーワンの株式差額決済取引(CFD)取扱業者。信頼度もお墨付き。他国のことなので解りづらい部分は、まずは無料の資料請求!


ひろぎんウツミ屋証券
50,000円から取引できる、くりっく365取扱業者。
税制上も有利で、比較的低いスプレッドでの取引が体験できます。
利益が大きく出始めてきているトレーダーの方は、早めにくりっく365に切替することをオススメします!


MJ「SpotBoard」
取引手数料無料、USD/JPYスプ1~、最大レバ400倍、入出金無料、とまさにいいとこづくしの最強業者。
少額資金で一気に資産を増やしたい人には超お勧め!
スポンサードリンク

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ユーロ売り越し! 

午後3時のドル/円は、前日NY市場の午後5時時点から小幅高の104円後半で取引されている。午後は買い地合いが続いており、一時きょうの高値105.14円に上昇した。ただ、105円台半ばから後半にかけては売りが厚いと見られており、上値は重い。午後は中盤からロシア勢などによるユーロ売りが目立っている。

<ユーロ売り超しが話題に>

ユーロ/ドルは、一時1.5467ドルまで低下した。午後3時前後からはロシア勢のユーロ売りが出ているという。市場では、前週シカゴの通貨先物取引でユーロが売り越しに転じたことが話題となっている。米商品先物取引委員会(CFTC)のIMM通貨先物取組報告(4月29日までの週)によると、ユーロは2005年12月以来はじめて、ネットの売り越し(2万1315枚)となった。前週は1万8907枚の買い越しだった。
ユーロが売り越しになったのは「ユーロ圏の経済指標の悪化などから、ユーロに強気なセンチメントが後退したため」(外銀)とされるが、市場では、ユーロ売りはあくまでポジション調整と位置づける市場参加者も多く「勢いあまってネットショートになったことは驚きだ」 (別の外銀)という。IMMのデータがカバーする4月29日以降も、予想を上回る内容の米雇用統計などが発表されたことなどから、ネットのユーロ・ショートはさらに積み増されたと見られる。

ドル/円は、連休明けの薄商いの中、スペック勢を中心に買い地合いが続いている。夕方にかけての取引では105.14円まで上昇した。ただ「105円半ばから上値では輸出が待ち構えている」(証券)としており、一段の上値トライは難しいと見られている。

<オセアニア通貨は伸び悩み>

豪ドルに関しては、2日の米雇用統計発表後、米ドル買い戻しの局面で豪ドルが売られたが、金利差をテーマとした取引から、再び豪ドルが買われた。ただ、0.95米ドルに上昇した後はすぐに反落しており、市場では「当面の目安は0.95米ドル台」(証券)とされている。オーストラリア準備銀行(RBA、中央銀行)は6日の理事会で、政策金利であるオフィシャルキャッシュレートを予想通り7.25%で据え置くことを決定した。政策金利7.25%は12年ぶりの高水準で、打ち止め観測も出ている。

NZドルも高値圏で取引されているが、足元では伸び悩んでいる。ニュージーランド準備銀行(中銀)が7日に発表した金融の安定に関する半期に1度の報告書の中で、クレジット危機が世界的な景気減速を引き起こせば、ニュージーランドの経済鈍化は、想定より深刻なものになる可能性がある、との見方を示したのが背景と見られている。報告書は、ニュージーランド経済はすでに減速し、住宅市場で特に顕著と指摘。経済の不均衡解消につながるが、悪影響もより大きく受けることになる、としている。

<タイバーツは安定的>

タイバーツは、1ドル=31.730/740バーツ付近。タイ中央銀行が3月3日付で資本規制を撤廃すると発表した直後、オフショア市場ではタイバーツが小幅下落した。その後2カ月以上、31バーツ台で安定している。資本規制撤廃の発表までの間、短期間に4―5バーツ変動することも珍しくなかったが、発表後の値動きは限定的。ある商社筋は「当面は足元の水準で安定する」との見方を示している。


(ロイターより記事を引用)



現在は順調に105円台のドル円。
ここから一段上の上昇は難しいと見られていますが、さてさてどうなるか。
スポンサーサイト
コメント















 管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
 
http://fxsakaguchi.blog109.fc2.com/tb.php/805-2c6b37be
参加ランキング
人気ブログランキング
プロフィール
サカグチ(27)
アバター

サカグチ

2006年9月からFXを始めています!
取引歴は2年超。
基本スタイルは1日~3日程度の短期スイング。
大きく勝負に出られないチキン。
ACCESS


TOTAL

無料カウンター
今日

昨日


為替ニュース


パーツ提供:ALL外為比較

RSSフィード
FXブログリンク集
役立つリンク集
最近のコメント
カテゴリー
携帯からブログを見る
下記のQRコードを携帯で読み取って、 ブログにアクセス!
QRコード
あし@
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。