FXで一攫千金。-サカグチのスイングトレードFX-

 
 
現在注目の証券会社
外為どっとコム
他業者に比べて群を抜いたツールの豊富さ。随時送られてくる市況メールの内容も充実。入金なしでも全てのツールが使用できるのが○。 サーバーの強さは業界でもトップクラス。指標時でも落ちることがほとんどなく、快適に取引可能。 1000通貨からの取引が可能(NEXT口座)。低資金での運用も楽々♪
 

マネーパートナーズ
手数料はもちろん完全無料。スプレッドがUSD/JPYで3pips~と低め。その他、ZAR/JPYも4pips~と、長期スワップ派にも取引しやすくなっている。 独自ツールソフト「ハイパースピード」。ツール上から直接ワンクリックでストリーミング取引が可能。使い勝手が非常に◎☆ 信託保全はバッチリ。万が一マネパ社が破綻した場合も、資産管理人となっている社外弁護士からお客様の資産を返還。毎日分別保管をしているので、万が一の時も安心です。


セントラル短資オンライントレード
業界内でも有数の、スワップ派御用達業者。スワップ金利はトップクラス! 12月より手数料無料の新サービス、FXハイパーを開始。まさに無敵の業者です! ホームページ上で市場の注目ポイントを動画解説。リアルタイムチャートと照らし併せて観ることも可能。


FX Online Japan
最もメジャーだと言えるかもしれない手数料無料業者。 5万円からスタート可能、最大レバレッジは200倍。 無料で参加できるデモ取引で、まずは最上の使い心地を実感して下さい。


CMC Markets Japan
世界中で利用されている、超ハイスペックの取引ソフトウェア。携帯電話にも対応し、出先でもポジション、注文を管理することができます。世界レベルを体感してください。 特筆すべきスプレッドの狭さ。EUR/USD、EUR/GBPなどは2pips。AUD/JPYは4pipsと、業界でも最高レベルの狭さ。短期取引にはもってこい。 オーストラリアでは業界ナンバーワンの株式差額決済取引(CFD)取扱業者。信頼度もお墨付き。他国のことなので解りづらい部分は、まずは無料の資料請求!


ひろぎんウツミ屋証券
50,000円から取引できる、くりっく365取扱業者。
税制上も有利で、比較的低いスプレッドでの取引が体験できます。
利益が大きく出始めてきているトレーダーの方は、早めにくりっく365に切替することをオススメします!


MJ「SpotBoard」
取引手数料無料、USD/JPYスプ1~、最大レバ400倍、入出金無料、とまさにいいとこづくしの最強業者。
少額資金で一気に資産を増やしたい人には超お勧め!
スポンサードリンク

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

リスク回避の動き再燃? 

正午過ぎのドル/円は、前週末NY市場の午後5時時点から上昇、103円前半で取引されている。前週末にダウ工業株30種が下落したことや、ドル/円が最近のトレンド・ラインを下回ったことなどで、朝方はいったん円買いに傾いた。しかし、その後は買い戻しなどが入って朝方の水準に戻し、さらに上値を追う展開。一方、前週末発表のアメリカン・インターナショナル・グループ(AIG)の弱い決算を受け、クレジット懸念が高まり、午前中の取引では、再びリスク回避の動きが再燃したとの見方が出ていた。

<信用リスク懸念が再燃>

前週末NY市場はアメリカン・インターナショナル・グループ(AIG)の弱い決算を受けクレジット懸念が高まり、再びリスク回避の動きが再燃したとの見方が出ている。ドル/円は前週末、102.60円付近を付けた後すぐに103円前半に反発したが、103円台は長続きしなかった。
週明け東京市場の早朝から米系金融機関による売りが先行し、一時102.57円まで下げた。前週末にダウ工業株30種が120.90ドル安になったことや、ドル/円が最近のトレンド・ラインをブレークしたことなどで、市場は円買いに傾いていた。
ある証券関係者は「欧米の金融システム不安から、米国のファンダメンタルズの弱さに関心を移しており、軟調な米株はドル売りを誘いやすい。今週いずれかの時点で101円台を試す展開となるだろう」(証券会社)という。ただ、市場ではドルが一気に100円割れするとの見方はまだ大勢となっておらず、「ドル/円相場が、102―105円、101―104円などの水準にレベル・ダウンしたとの見方が多い」(同証券会社)との声が聞かれる。

仲値公示付近では邦銀勢の買い戻しが見られ、朝方の水準に戻した。ある邦銀筋は102円半ばからアジア系によるオプション絡みの買いが入り上昇したという。市場では103円台では「売りオーダーが見られない」(邦銀)と上昇余地が指摘される。ただ「今週は重要指標の発表も多く予定されているため、103円半ばでこう着した場合には再びドル売り」(同)とみられている。正午近くの取引では上値を追う展開となっている。

<ユーロは方向感乏しい>

前週相場をけん引したユーロは、週明け東京市場で方向感をつかみにくい値動きとなっている。午前中は1.5485ドルまで上昇した後、売り地合いに反転、きょうの安値1.5400ドル付近まで下落した。ある邦銀関係者は「1.55ドルで伸び悩めば、1.53ドルに下落」(同)との見方も出ている。
ユーロ/円は前週半ばは163円付近で推移していたが、その後は軟調が続いている。前週末はAIGの決算発表をきっかけにリスク回避姿勢が強まり、一時、158.65円付近まで下落し、先週末ニューヨーク市場終盤の159.28円からさらに下落した。その後は反発し、きょうの高値159.50円に上昇した。

<英ポンドに警戒感継続>

ポンド/円は201円半ばで、朝方の安値200.25円から反発した。市場は軟調な英金融株などを背景にポンド安警戒感を強めている。対ドルでは1.9480ドル付近で前週末ニューヨーク市場終盤の1.9540ドルから小幅下落。
9日のFT100種総合株価指数.FTSEは66.1ポイント(1.05%)安の6204.7。週足では0.2%下落した。週間ベースでの下落は1カ月ぶり。金融株ではバークレイズ、ロイヤル・バンク・オブ・スコットランド(RBS)、ロイズTSB、HBOS、HSBC、アライアンス&レスターが1.7―2.9%安となった。HSBCはモルガン・スタンレーによる格下げも悪材料となった。
第1・四半期の英国(イングランドおよびウェールズ対象)の担保権実行令状の発行件数が、1990年代初頭以来の高水準となったことも相場を圧迫した。エコノミストは今後、状況が悪化するとの見通しを示した。

<海外投資家の対日証券投資が約1兆円売り越し>

財務省が今朝発表したデータによると、非居住者の対日証券投資は、4月27日―5月3日の週に1兆0254億円の売り越しとなった。内訳は株式が4172億円の買い越し、中長期債が8591億円の売り越し、短期債が5835億円の売り越しだった。
非居住者の証券投資については、為替リスクを回避した投資形態のものも多く、一概には為替相場へのインパクトを断定できないが、本邦証券市場で海外投資家のプレゼンスが拡大するなか、彼らの動向が相場を左右し、間接的に為替相場に影響を及ぼすことが考えられる。

<パキスタンルピー下げ止まり> 

パキスタンルピーは1ドル=66.550/750ルピー付近。政情不安などを背景に、足元では一時70ルピー付近まで売られていたが、「中銀が動き始めたことをきっかけに、ようやく下げ止まった」(外銀)と見られている。パキスタン国立銀行(中銀)は、外為取り扱い機関によるポンド、ユーロ、およびアラブ首長国連邦(UAE)のディルハムの海外への送金を禁止した。国内のパニックを抑制するとともに、外貨の確保の支援が目的という。


(ロイターより記事を引用)



全体的に、欧州米国通貨に下落懸念が出ている模様。
ドル円が現在103円半ば、101円台を試す展開であれば、
全体的なつられ下げ幅予想がなんとなく(あくまでも予想)。

ユーロ円で156円、ポンド円で197円あたりでしょうか。
さらなる下落を目指すようであれば、再びの上昇までには時間が掛かりそう。
スポンサーサイト
コメント















 管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
 
http://fxsakaguchi.blog109.fc2.com/tb.php/812-b6f42ce4
参加ランキング
人気ブログランキング
プロフィール
サカグチ(27)
アバター

サカグチ

2006年9月からFXを始めています!
取引歴は2年超。
基本スタイルは1日~3日程度の短期スイング。
大きく勝負に出られないチキン。
ACCESS


TOTAL

無料カウンター
今日

昨日


為替ニュース


パーツ提供:ALL外為比較

RSSフィード
FXブログリンク集
役立つリンク集
最近のコメント
カテゴリー
携帯からブログを見る
下記のQRコードを携帯で読み取って、 ブログにアクセス!
QRコード
あし@
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。