FXで一攫千金。-サカグチのスイングトレードFX-

 
 
現在注目の証券会社
外為どっとコム
他業者に比べて群を抜いたツールの豊富さ。随時送られてくる市況メールの内容も充実。入金なしでも全てのツールが使用できるのが○。 サーバーの強さは業界でもトップクラス。指標時でも落ちることがほとんどなく、快適に取引可能。 1000通貨からの取引が可能(NEXT口座)。低資金での運用も楽々♪
 

マネーパートナーズ
手数料はもちろん完全無料。スプレッドがUSD/JPYで3pips~と低め。その他、ZAR/JPYも4pips~と、長期スワップ派にも取引しやすくなっている。 独自ツールソフト「ハイパースピード」。ツール上から直接ワンクリックでストリーミング取引が可能。使い勝手が非常に◎☆ 信託保全はバッチリ。万が一マネパ社が破綻した場合も、資産管理人となっている社外弁護士からお客様の資産を返還。毎日分別保管をしているので、万が一の時も安心です。


セントラル短資オンライントレード
業界内でも有数の、スワップ派御用達業者。スワップ金利はトップクラス! 12月より手数料無料の新サービス、FXハイパーを開始。まさに無敵の業者です! ホームページ上で市場の注目ポイントを動画解説。リアルタイムチャートと照らし併せて観ることも可能。


FX Online Japan
最もメジャーだと言えるかもしれない手数料無料業者。 5万円からスタート可能、最大レバレッジは200倍。 無料で参加できるデモ取引で、まずは最上の使い心地を実感して下さい。


CMC Markets Japan
世界中で利用されている、超ハイスペックの取引ソフトウェア。携帯電話にも対応し、出先でもポジション、注文を管理することができます。世界レベルを体感してください。 特筆すべきスプレッドの狭さ。EUR/USD、EUR/GBPなどは2pips。AUD/JPYは4pipsと、業界でも最高レベルの狭さ。短期取引にはもってこい。 オーストラリアでは業界ナンバーワンの株式差額決済取引(CFD)取扱業者。信頼度もお墨付き。他国のことなので解りづらい部分は、まずは無料の資料請求!


ひろぎんウツミ屋証券
50,000円から取引できる、くりっく365取扱業者。
税制上も有利で、比較的低いスプレッドでの取引が体験できます。
利益が大きく出始めてきているトレーダーの方は、早めにくりっく365に切替することをオススメします!


MJ「SpotBoard」
取引手数料無料、USD/JPYスプ1~、最大レバ400倍、入出金無料、とまさにいいとこづくしの最強業者。
少額資金で一気に資産を増やしたい人には超お勧め!
スポンサードリンク

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ドル売りに安心感! 

午後3時過ぎのドル/円は、前日NY市場の午後5時時点からドル安/円高の103円前半で取引されている。米原油先物CLc1が1バレル=130ドルに接近し、過去最高値を更新したことで、ドル売り安心感が広がった。ユーロはアジア勢の買いを背景に堅調。きょう発表される5月独IFO業況指数や4月の連邦公開市場委員会(FOMC)議事録などへの関心が高まっている。通貨オプション市場ではボラティリティが上昇し、市場の円高警戒感の高まりを示している

<独IFOに注目>

市場の関心は今夕以降発表の5月独IFO業況指数や4月のFOMC議事録に向けられている。4月のIFO業況指数は102.4となり、前月の104.8から低下し、2006年1月以来最低水準となった。
ロイターが実施したエコノミスト調査では、5月のIFO業況指数の予想は平均で102.0、現況指数は108.0(4月は108.4)、期待指数は96.4(4月は96.8)となっている。
デイリーFXドットコムのシニア通貨ストラテジスト、ボリス・シュロスバーグ氏は、21日に発表される独IFO業況指数が強い数字になれば、ユーロは対ドルで1.60ドルを上抜け、最高値をつける可能性もあるとの見方を示した。逆に、IFOが市場予想を下回れば「ドルの買い戻しを加速する可能性がある」(証券会社)という。

<ドル安と原油高>

東京市場では、朝方から原油高や株安が意識され、ドル売りが先行した。仲値公示ではドルが不足していたものの、本邦金融機関から大口のドル売り、デリバティブがらみのヘッジのドル売り/円買い、米系投資銀行のドル売りなどに押されて上値が重い状態が続いた。
午後は、東京時間の午後3時を行使期日とする行使価格103.30円のオプションが意識され、ドルは小幅反発したが、上値では「証券会社から米債2年物、5年物の償還に伴う円転玉(ドル売り/円買い)があった」(証券会社)と言われ、ドルの反発力は限られたものとなった。さらに、「輸出企業のドル売りオーダーは103.50円付近まで下りてきており、これも上値を重くしている」(都銀)という。

エネルギー価格の高騰が米個人消費を圧迫するとの見方から、20日のダウ工業株30種は199.48ドルの大幅下落となった。東京市場では、このところ高値警戒感が強まっていたこともあり、海外勢を中心に参加者が売り圧力を強めたことから、一時は300円を超える下げとなり、終値でも13日以来の1万4000円割れとなった。
市場では、21日付のウォールストリート・ジャーナル(WSJ)紙電子版が、米国の大手投資銀行は第1・四半期の巨額損失から立ち直りつつあるが、第2・四半期も一部の銀行は多額の損失を計上する可能性があると伝えたことが話題にのぼった。WSJによると、第2・四半期の業績の足を引っ張りかねない要因は、各行が不動産証券などの損失を相殺するために用いていたヘッジ。投資銀行は過去1年間、不動産証券やレバレッジドローンの損失を限定するため、積極的にヘッジを活用してきた。しかし、3月半ばに市場が底を打って以来、それらのヘッジが裏目に出た。例えば、商業用モーゲージ担保証券市場に連動するCMBXなどの指数は場合によっては50%も上昇した、という。

原油高の為替相場への影響について、エコノミストらは概してドル安/ユーロ高の流れを予想する。
「このところの原油高で、産油国の外貨準備は積み上がりのペースを速めている。石油売却益がドル建てのため、通貨バスケットにおけるドル、ユーロの比率を一定に保つだけでも、相当大きな規模でドル売り/ユーロ買い需要が発生する」と野村証券・国際金融調査課・エコノミストの尾畑秀一氏は指摘する。
「足元については、米国は金利をこれ以上引き下げられないとの(米金融当局の)メッセージもあるが、米購買力低下に伴い、需要が鈍化すれば、金利低下の余地が新たに生じることになる。結果として、先行きについては日米金利差が縮小するとみられ、これがドル売り材料として認識される可能性がある」とクレディ・スイス証券の経済調査部ヴァイスプレジデントの小笠原悟氏は指摘する。

<円高警戒感の再浮上でオプション・ボラティリティが上昇>

通貨オプション市場では、期近物を中心にドル/円の予想変動率(インプライド・ボラティリティ)が大幅に上昇した。スポットのドル/円相場が103円台前半に下落したことで、円高警戒感が高まっているためだという。
市場筋によれば、1カ月物のボラティリティは12.3%で、前日東京市場の11.5%から大幅に上昇。1年物も10.7%ばさみの水準と、前日の10.4%から上昇した。
「スポット(ドル/円相場)が、105円台から104円台に下落した時は、ボラティリティは反応薄だったが、昨日の104円台からきょうの103円台に下落に伴って、ボラティリティの反応は大きくなっている。ドルが対ユーロでも下落していることで、ドル・リスクが意識され、円高警戒感が高まっているようだ」(都銀)との指摘がある。


(ロイターより記事を引用)



豪ドル円、99.20円で極少量ですが売りに入ってみました。
ストップもリミットも浅め。
スポンサーサイト
コメント















 管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
 
http://fxsakaguchi.blog109.fc2.com/tb.php/834-9465938c
参加ランキング
人気ブログランキング
プロフィール
サカグチ(27)
アバター

サカグチ

2006年9月からFXを始めています!
取引歴は2年超。
基本スタイルは1日~3日程度の短期スイング。
大きく勝負に出られないチキン。
ACCESS


TOTAL

無料カウンター
今日

昨日


為替ニュース


パーツ提供:ALL外為比較

RSSフィード
FXブログリンク集
役立つリンク集
最近のコメント
カテゴリー
携帯からブログを見る
下記のQRコードを携帯で読み取って、 ブログにアクセス!
QRコード
あし@
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。