FXで一攫千金。-サカグチのスイングトレードFX-

 
 
現在注目の証券会社
外為どっとコム
他業者に比べて群を抜いたツールの豊富さ。随時送られてくる市況メールの内容も充実。入金なしでも全てのツールが使用できるのが○。 サーバーの強さは業界でもトップクラス。指標時でも落ちることがほとんどなく、快適に取引可能。 1000通貨からの取引が可能(NEXT口座)。低資金での運用も楽々♪
 

マネーパートナーズ
手数料はもちろん完全無料。スプレッドがUSD/JPYで3pips~と低め。その他、ZAR/JPYも4pips~と、長期スワップ派にも取引しやすくなっている。 独自ツールソフト「ハイパースピード」。ツール上から直接ワンクリックでストリーミング取引が可能。使い勝手が非常に◎☆ 信託保全はバッチリ。万が一マネパ社が破綻した場合も、資産管理人となっている社外弁護士からお客様の資産を返還。毎日分別保管をしているので、万が一の時も安心です。


セントラル短資オンライントレード
業界内でも有数の、スワップ派御用達業者。スワップ金利はトップクラス! 12月より手数料無料の新サービス、FXハイパーを開始。まさに無敵の業者です! ホームページ上で市場の注目ポイントを動画解説。リアルタイムチャートと照らし併せて観ることも可能。


FX Online Japan
最もメジャーだと言えるかもしれない手数料無料業者。 5万円からスタート可能、最大レバレッジは200倍。 無料で参加できるデモ取引で、まずは最上の使い心地を実感して下さい。


CMC Markets Japan
世界中で利用されている、超ハイスペックの取引ソフトウェア。携帯電話にも対応し、出先でもポジション、注文を管理することができます。世界レベルを体感してください。 特筆すべきスプレッドの狭さ。EUR/USD、EUR/GBPなどは2pips。AUD/JPYは4pipsと、業界でも最高レベルの狭さ。短期取引にはもってこい。 オーストラリアでは業界ナンバーワンの株式差額決済取引(CFD)取扱業者。信頼度もお墨付き。他国のことなので解りづらい部分は、まずは無料の資料請求!


ひろぎんウツミ屋証券
50,000円から取引できる、くりっく365取扱業者。
税制上も有利で、比較的低いスプレッドでの取引が体験できます。
利益が大きく出始めてきているトレーダーの方は、早めにくりっく365に切替することをオススメします!


MJ「SpotBoard」
取引手数料無料、USD/JPYスプ1~、最大レバ400倍、入出金無料、とまさにいいとこづくしの最強業者。
少額資金で一気に資産を増やしたい人には超お勧め!
スポンサードリンク

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ドル、買い飽和状態により崩れる! 

午後3時現在のドル/円は、前日ニューヨーク市場の午後5時時点から急落し、96円前半を推移している。ドルは一時95.95円まで下落し、きょうの高値から1円50銭を超える下げをみせた。輸出筋やリパトリエーションと見られる実需の円買いが入ったほか、海外投機筋がこれまで積み上げてきたドル・ロングを圧縮する流れとなった。 

<ドル買いが飽和状態に>

この日の東京市場では、早朝に97円台半ばを推移していたドルが、突然膝折れするような崩れ方を見せ、昼過ぎには96円割れとなった。 
「きょうは(海外)ファンド勢もドルを売り戻しに動いた。ドル売りのきっかけがあったというより、これまでのドル買いが飽和状態に達し、ドルが勝手に崩れた、と表現したほうが正確だろう」(ファンド・マネージャー)という。
市場では、輸出筋によるドル売り/円買いが見られたほか、3月期末をにらんだ投資家や企業によるリパトリエーション(資金の本国回帰)とみられる円買いも散見されたという。
さらに、3月に入ってからドルの売り戻しが目立ったアジア通貨の動きに円がこれまで乗り遅れていたとの声も聞かれる。
「ウォンは今月に入って対ドルで反発基調にあり、この戻り歩調は今後も続きそうだ。逆に円はきのうまで目立った戻し(反発)がなく、他のアジア通貨の反発に出遅れた感がある」(証券会社)という。

市場の一部では、ゴールドマン・サックス証券が11日、顧客向けのリポートで、3カ月後の為替見通しを大幅に修正し、ドル/円が105円(90円から修正)、ユーロ/円が136.50円(117円から修正)としたことが話題となったが、ドル買いを誘発する流れにはならなかった。
「(修正の)理由は日本のファンダメンタルズが悪いという事だろうが、そのシナリオで円を売ってきて、結局は、きょうのような相場つきになったのではないか。(日本人の)リパトリなど円の買い切り玉を過小評価したために、投機筋がドルロングを切らされている」(邦銀)との指摘もある。
他方、米国人によるリパトリは細りつつあるようだ。
「ドルのリパトリが細ってきている。このため、リパトリを意識してドルを買ってきた短期筋がポジションを落としている」(ソシエテジェネラル銀行、斎藤氏)と指摘もある。

<日本のファンダメンタルズと円売り> 

円は、国内総生産(GDP)の大幅マイナスや、経常収支の赤字転落、中川前財務相の辞任や政局の混迷などをきっかけに、世界的な金融危機が日本に与えた影響が限定的であるとの見方が急変したことで、、3月5日に99.69円まで下落した。
しかし、目先が変わったことでドルを買ってみたものの、日本はフローの不況で、欧米はバランスシート・リセッションだという事実は変わらず、後者の方が明らかに深刻だ」とバークレイズ銀行のチーフストラテジスト・梅本徹氏は言う。
こうした新しい認識と期末を控えた日本の企業・投資家によるリパトリ(資金の本国還流)の動きを背景に、目下円高が進んでいるとみる。期末までは95円付近を目指す展開となるだろう。
市場では次の下値のメドとして94円後半から95円前後を上げる参加者が多い。「ドルは94円後半をぬけて急騰したため、逆にいえば94円後半までの調整はありうる」(邦銀)。「チャート上は94.89円を目指す」(信託銀)との声も聞かれる。

「リスク回避のドル買いというセオリーが必ずしも機能しなくなってきた一方で、円売り材料も織り込まれてきた。きょうの年率マイナス12.1%となった10─12月期GDP2次速報値発表もネガティブサプライズがなかったことが円買いのきっかけになっている」とロイヤルバンク・オブ・スコットランドのヘッドオブFXストラテジー・山本雅文氏は言う。

ただ、4月以降はいったんはリパトリした資金が再投資される動きも想定される。また、日本の経常収支は基調として赤字化はしていないものの、黒字額が減少しているため、円安の地合いが復活することも考えられる。一方で、1カ月に海外株式を約1兆円買い越して来た年金基金の動きが4月以降も継続するかどうかなど不透明感が残る。

<ユーロ>

ユーロは安値1.2792ドルから1.2872ドルまで上昇した。ユーロは欧州市場序盤に、売り戻され、15時10分現在1.2800ドル付近を推移している。
「ユーロについても円と同様に、ネガティブな側面に着目して一時1.2500ドル台まで売り込んでみたが、結局は売りが続かず、対ドルで強さを回復してきたのが現状」(前出のファンド・マネージャー)という。  
対円では123.38円から一時125.07円まで上昇したものの、円高の勢いがユーロ高の勢いを上回ったことから、現在は123円後半での推移となっている。


(ロイターより記事を引用)



数日間、めちゃめちゃに振り回されました(´・ω・`)

買っては下がり、買っては下がり。
ならば乗ろうと追っかけ売れば、リバウンドに狩られ。

疲れた(´・ω・`)

少ない金額の入金でしたがまた種銭が切れました。

トレード方法にも難ありだなぁ。
いきなり動き出したときのメンタルの弱さがどうにも・・・・・・

とりあえずしばらく相場を様子見してみることにしましょう。



あ、話は変わりますが。

外為どっとコムマネーパートナーズセントラル短資オンライントレードの3業者において、
近日中に口座開設キャンペーンを開催したいと思います。

エクセルシートや関連書籍のプレゼントを予定していますので、
ご期待下さい(・∀・)
スポンサーサイト
コメント















 管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
 
http://fxsakaguchi.blog109.fc2.com/tb.php/966-12838a0c
参加ランキング
人気ブログランキング
プロフィール
サカグチ(27)
アバター

サカグチ

2006年9月からFXを始めています!
取引歴は2年超。
基本スタイルは1日~3日程度の短期スイング。
大きく勝負に出られないチキン。
ACCESS


TOTAL

無料カウンター
今日

昨日


為替ニュース


パーツ提供:ALL外為比較

RSSフィード
FXブログリンク集
役立つリンク集
最近のコメント
カテゴリー
携帯からブログを見る
下記のQRコードを携帯で読み取って、 ブログにアクセス!
QRコード
あし@
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。